派遣・求人はお仕事マイサーチTOP > 貿易事務の求人情報

輸出入業務のスペシャリスト 貿易事務の求人情報

船会社や貿易会社で引っ張りだこの貿易事務の求人特集。グローバル化する日本にあって貿易事務は注目度ピカイチのお仕事。海外とのコレポンで・・・英語を使ったやり取りも発生するから得意の語学力が活かせる可能性も。もっと見る

希望エリアから貿易事務の求人情報を検索できます!

各エリアの派遣会社から貿易事務の求人を探す

貿易事務ってこんな仕事です

平均時給
(東京/交通費別)
※お仕事マイサーチ調べ(2010年11月)
仕事内容

貿易事務が必要とされるのは、メーカー、商社、海貨業者(乙仲)、フォワーダー、船社、NVOCCなどの貿易に携わる業者です。
これらの業者の中に所属し、電話やEメールを使って輸出入に関する書類全般の作成や通関手続き、船積予約、スケジュール調整及び手配が貿易事務の主な仕事です。

貿易事務には輸入と輸出の二つの側面があります。そのどちらに属するかで仕事内容が異なります。また、貿易実務の中でも自分がどのポジションで働くかによって業務内容が異なってきます。 必要とされる語学レベルは業務の内容にもよりますが、英文書類を確認する程度の業務なら、高レベルな語学力を求められることはありません。

また就業する企業が商社なのかメーカーなのか海貨業者なのかによっても任される仕事の内容が異なります。
特に貿易事務が未経験の場合は、いきなりすべての業務を任せられることはないでしょう。派遣会社から紹介される求人も、あくまで輸出入業務の一連の流れの中でアシスタント的な業務を担う場合が多いようです。仕事内容も、国内の営業事務と大差ない業務と考えておく方が無難です。

実際の貿易事務の仕事は、海外とのコレポンのやり取りから「在庫管理」「出荷」「スケジュール調整」「船積手配」「L/C」とそれらに関する「船積書類」「銀行買取書類の作成」といった一連の流れをすべて一人で行えることといえます。こういった業務は貿易事務の経験者に任せられることが多く、営業や配属先以外の部署が書類作成を行う環境では身につきません。
そのため初心者のうちは、実践的な貿易実務の知識や経験を積むために貿易実務検定の取得はもちろん、各種セミナーへ参加するなどの自助努力も欠かせません。ある程度貿易に関する知識や経験が身についたところで、前述の貿易事務の業務すべてが担当できるような求人を探して転職するという方向性が貿易事務の仕事につく近道と言えます。

やりがい
貿易事務は一般事務や営業事務とは異なり、貿易に関する専門的な知識を活かして働ける仕事です。求人募集も常に多い傾向にありますので、一度経験を身につければ安定した働き方ができます。また実力を認められて派遣から正社員になる方もいますので、そういった面でのモチベーションUPもあるようです。
さらに、語学力が活かせるだけでなく、海外との取引を通して世界の経済と繋がっている実感が得られる点も魅力と言えます。

貿易事務の求人ならお仕事マイサーチ

貿易事務の仕事なら、求人情報が充実しているお仕事マイサーチで!
「資格を活かして働きたい」「貿易実務の知識を活かしたい」といった多くのユーザーが貿易事務の仕事で活躍しています。貿易の仕事は奥が深く分業も進んでいるので、転職先によっては様々な仕事を経験できるチャンスもあります。まずはお気軽に各派遣会社に登録して希望条件を相談してみてくださいね。

  • 株式会社キャリアテック
  • アルバイトネット
  • 販売接客ワークス
  • アパレルワークス
  • 医療介護ワークス
  • 工場ワークス
  • 看護師求人マイサーチ